体内時計と社会問題のズレからおこる「概日リズム睡眠障害」


体内時計と社会問題のズレからおこる「概日リズム睡眠障害」を治すのは太陽光!!

「概日リズム睡眠障害」は、誰でも発症しやすく、とても多い睡眠障害の一つなのです。

「時差ボケ」に、代表されるように、体が持っている睡眠リズムが、社会的な生活時間とずれてしまうことによって起こるとされています。

私たちの睡眠・覚醒リズムや体温やホルモンなどのやく24時間のリズムは「概日リズム」といわれています。

本来、体は刺激から隔離されて状態では、約25時間周期の体内時計を持っています。

しずかなおやすみでいびきケア


それを、明るさや食事、学校や仕事に出かけるなどといった生活環境因子に併せて、毎日約1時間、調整して生活しているわけです。

休日が続くと、ついつい夜更かしになるのは、25時間の体内時計を社会的要請による合わせないから、とも言えるそうです。

ずれてしまった体内時計をリセットして社会的な時刻に合わせるには、早朝の太陽光が効果的だそうです。

体を目覚めさせるために、ちゃんと朝食をとることも大切です。

睡眠時無呼吸症候群

もちろん太陽光を浴びるだけでは不眠症は全快になりません。

カフェインを摂り過ぎないことや、睡眠前にパソコンにしがみつくようなことは避けなければなりませんね。


FX業者